読書レビュー

【仕事と人生を激変させるなら99.9%アウトプットを先にしなさい】「覚える」より「行動する」が大事!【読書レビュー】

どうもくろせるです(。・ω・)ノ

インプットとアウトプットってありますよね?

凄く簡単に言えばインプットは「覚える」という事で、アウトプットが「行動する」という事。

で、この本では「覚える」という事よりも「行動する」という事の方が99.9%大事!!と書かれています。

普通ならテストで良い点取りたいなら「教科書読んで勉強しろ!」とか「仕事を早く覚えるために色々やってみろ!」みたいな“インプット”がメインですよね?

そうではなくて必要最低限の事を学んだら“アウトプット”していくのが大事!今まで教わった事とは逆の事かもしれませんが、非常に真理をついた内容でした。

著者情報

金川顕教(かながわ・あきのり)

経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。

ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルで累計20万部以上のベストセラーを連発させているそうです。

主な著書が「すごいチーム」「3秒決断思考、やるか、すぐやるか」「明日も、こだわらない日にしよう」などなど。

どんな人にオススメなのか?

テストで良い点取りたいとか、会社の仕事を早く覚えたいとか、なんでもいいです!「上達したい」という思いがある人にオススメの1冊です。

本を読んでも一生、料理はできない

「究極のカレーの作り方」のレシピを読んだところで、カレーが作れるようになるわけではありません。とにかく作ってみるという行動(アウトプット)こそが結果を生むのです。

料理の話をしたい訳ではないですが、アウトプットとはこういう事ですね。

いくら素晴らしいレシピを持っていた所で、実行しなければ意味はありません。

凄い料理本を100冊読んだとしても、実際に食材を購入して調理しなければ永遠に料理は完成しません。

つまり「〇〇をやりたいからまずは勉強しよう!」確かにこれも大事ですが、ある程度学んだらすぐ行動に移すのが大事です。

いくらレシピとにらめっこしていても「究極のカレー」は食べられません。

“行動を起こす”という事が最重要です。

「本を1日1冊読んでいます」「だから何?」

「1日1冊ビジネス書を読んでいます」という人や、「映画を年間100本見ています」という人、「毎週、セミナーを聴きに行っています」という人がいます。こうした行動は、すべてインプットです。そして所詮忘れてしまうことなので、僕に言わせればゼロプット。ですからこんな事をしている人の話を聞くと、「だから何?」となります。

ぎゃー!耳が痛い!!

私はこれに凄く該当します(笑)

本も読んでいますし、映画も見ています、というかここに書かれている典型的なゼロプット人間やないかい!!

ただ“読むだけ”だったり、ただ“観るだけ”ではダメです。

という事でアウトプットをしていきましょう。例えばアマゾンでレビューを書く、ツイッターに感想を載せる、ブログで感想を書くなど。

今の時代ならアウトプットする方法はいくらでもあります。メモ帳に感想を書いておくとかでもいいかも。

ただ読んだ所で人間は3日もすれば、読んだ本の内容なんてほとんど忘れてしまいます。

そうならない為にアウトプットをしていきましょう。私は今まさにこの記事を書くことでアウトプットしています!

全ての行動はムダではない

行動できない人は、「行動」というものを、難しく考えすぎです。ブーメランを投げて、返ってくる。これが失敗という形で返ってきたとしても、解釈を変えれば、その失敗は成功の元にも成り得ます。ですから、決して失敗を恐れる必要はありません。

失敗したくないからインプットばかりして行動できない人。

私も昔はそうでしたが今はそうでも無いですね、「とりあえずチャレンジする」という事をよくします、そして大体失敗します。

で、失敗したとしても「この方法はダメなのか」という経験値を得られますから、同じ失敗をする事はなくなります。

「とりあえずやってみる」という行動は非常に大事です、この本に限らず多くの本で言われていることです。

ガンガン行動してアウトプットしていきましょう!

くろせる
くろせる
成功しても失敗しても一定の経験値が手に入るのがこの“現実世界”っていうゲーム。行動すればするだけレベルアップのチャンスが増えるよ

悩んだらやれ

「やろうかな、やめようかな」と思った事は、やるべきです。なぜなら、「悩む=やりたいこと」だからです。人間、やりたくない事は悩みません。

確かにやりたくない事で悩んだりはしませんね。

買いたいものがあったとして「うーむ、買うかどうか…」と悩む時も、欲しいから悩むんですよね。財布の中を見ながら…

悩むぐらいなら行動した方がいい場合が多いです、というかこの本では行動=アウトプットなので99.9%行動しなさいって言われます(笑)

ただ「悩む事全部やれ!」というのも酷な話だと思います。仕事、学業、育児…人によって忙しさの度合いは違いますから。

そこで自分に出来そうな事から、1つ1つで良いので行動に移していくことが大事です。

いきなりこの本の著者の方のようにガンガン動くという事は難しいでしょう、なので1つ1つ小さくても良いので行動していきましょう。

アウトプットで自分の能力に磨きをかけよう

インプットよりアウトプットが大事!!!

という事を耳にタコが出来るぐらい、この本では言ってきます。

ですが、それは真理だと私は思います。ただ本を読んでいる、映画を観ている、これだけでは意味がありません。

それらを“アウトプット”していくことが非常に大事です。


私はこのブログに書く前にツイッターでもアウトプットしています。

ツイッターなら140字以内で書くことが求められるので、要点だけまとめて発信する事ができますね。

ちなみにツイート分にもありますが、後半は「スーツをオーダーしろ」「人脈作れ」「お金を使え」など若干説教臭くなってきますので、私は前半部分だけキチンと読みました。

一言まとめ

インプットよりアウトプットに時間を掛けよう!

これを理解(インプット)して行動(アウトプット)して、初めてこの本を読んだ価値が出ます。

読んだらさっそく感想を書いてみては?もしくは友人にこの本の内容を語るとか?

アウトプットしていきましょう。

ABOUT ME
くろせる
くろせる
どうもくろせるです、この記事を書いた人です。というよりもこのサイトは個人運営サイトなので、私しか記事を書く人はいませんが。 役に立つ情報からどうでもいい情報まで、色々お届出来たらと思います。