読書レビュー

【理科系の作文技術】ブログを書くために購入するならもれなくダメな1冊【読書レビュー】

どうも、くろせるです(。・ω・)ノ

ブログを書いているとやっぱり「もっと文章上手くなりたい!」って思う訳ですよ。

んで、どんな本買おうかなーって迷ってた時に、この本を見つけて買いました。

結論から言えば「失敗」でした。はい

ブロガーにはオススメできない本

基本私は「良い」と思ったものをオススメするタイプですが、こればっかりはオススメできない!ノーだ。

しかしオススメ出来ないのは「ブログなどで文章を書く人」に限る。

「論文を綺麗に書きたい」と思っている人なら大いに買う価値はあるだろうけど、俺みたいなブログを書いている人間は買うべきではない。

何故ブロガーが買うべきではないのか?

「いい文章」と言う時に、多くの人がまっさきに想像するのは、「人の心を打つ」「琴線に触れる」「心を高揚させる」「うっとりさせる」ような文章ではないでしょうか。しかし、理科系の仕事の文章では、こうした文章を必要としていません。

簡単に言うと「個人の感想はいらない」という事。

これはブログを書いている人間からしたら“真逆の行為”に該当しますし、少なくとも俺はそう思う。

理科系の文章は「あいまいさ」を排除し、情報の伝達を第一に掲げているようなので、ブログというよりはwikiとかに近いかな?

くろせる
くろせる
正確な情報伝達を主とするwik系ならいいかも

ブロガーがこの本の書き方を真似するのはNG

情報の伝達のみを目的とするなら別にブログじゃなくていい訳ですよ。

wikiとかで済む話ですからね、そうじゃなくてブログを書いているのであれば「人の心を打つ」文章が必要です。

なんでこんな本の話をしたかと言うと「自分の文章が固いと思ったから」

最近文章がガチガチに固まってて、おかげでなんだかブログを書くのも「大変だなぁ」なんて思うようになってしまって…

そうじゃなくて、本当はもっとのびのび書くべきなんですよね!ただの情報が欲しいだけなら個人ブログなんて見る必要ないですから。

くろせる
くろせる
個人の意見があるからこそ個人ブログは強いんやで!

為になる事も書いてあるっちゃある

「ブロガーは買うべきじゃない!」って書きましたけど、全てがダメという訳ではなくて、使える部分は使えますね。

例えば「黒い目のきれいな女の子」

これは「黒い目のきれいな女の子」なのか「黒い目のきれいな女の子」なのか。

こういった文章である場合、適切な句読点などが必要になるよ、という話もしているので全てが使えないという訳ではなかったね。

ブロガーは自分の意見を積極的に入れていこう!

Amazonのレビューとか、ぐるなびの評価とか、みんな「個人の意見」や「他の人はどんな意見なんだろう」というのが気になるものです。もちろん俺も気になる。

なのでブログを書くのであれば「自分の意見」を入れて行きましょう!

俺もなるべく自分の意見を入れられるように、これからも精進していくぞ!

ABOUT ME
くろせる
くろせる
どうもくろせるです、この記事を書いた人です。というよりもこのサイトは個人運営サイトなので、私しか記事を書く人はいませんが。 役に立つ情報からどうでもいい情報まで、色々お届出来たらと思います。