読書レビュー

【ここは今から倫理です。】非常に読みごたえがある本!何か迷う事がある人にほどオススメ!!

どうも、高校の時の選択授業は奇しくも倫理だったくろせるです(。・ω・)ノ

最近、というかつい先日めちゃくちゃ面白い漫画を見つけまして。

そのまま4巻一気に買ってしまいました。

タイトルは「ここは今から倫理です。」という漫画。

既にドラマ化も決まっているようで、かなり売れてる漫画だったみたいです。

あまりにも自分に刺さった漫画だったので、少し紹介しようと思います。

くろせる
くろせる
マンガを購入するなんていつぶりだろうか…それぐらい面白かった

基本的にはドライな高柳先生

▲失恋した同僚の飲みの誘いを断るシーン。先生の性格が出てます。

主人公は高柳先生という倫理の教師。

各生徒の視点で話が進みつつ、高柳先生が倫理の話を問いかけ、生徒たちの心を救おうとする話。

昨今の「分かりやすいストーリー」ではなく、どちらかと言えば「答えの出しづらい難しいストーリー」という感じです。

そりゃまぁ「倫理」をテーマにしてる訳だから、単純明快で話が進む訳はない。

それでもなるべく分かりやすく、そして読みやすく丁寧に話が描かれており、ついつい一気読みをした次第です。

くろせる
くろせる
倫理の話をこれだけ分かりやすく見れるのは、マンガならではだと思う

倫理だからこそ出てくる安直ではない言葉

恋に破れても…家族が死んでも、いじめられても、就職に失敗しても、仕事がイヤでもお金がなくても 人生が…退屈でも!!

それがどんな理由でも

命に換わる程思い絶望になるんです!!

※「ここは今から倫理です。1巻」 「♯2くだらない人間」より

このセリフは凄いですね。

「命を粗末にするな!」とか「生きていればいい事がある!」という安易な言葉ではなく。

「どんな理由でも、命に換わる程思い絶望になる」

というセリフ。凄い分かるよ。

人によって幸福と絶望のベクトルはそれぞれ違う。

「こんな事で自殺するのか…」と思う人もいれば「そりゃ自殺するよな…」と思う人もいるでしょう。

逆に「こんな事で幸せなのか?」と思う人もいれば、「これは物凄く幸せな事だ!」と感じる人も。

私も学業絡みで死にたいと思った事もありますし、些細な事で死にたいと思ったこともあります。

他人からすれば「そんな事で、些細な事で」と思うでしょう。

私自身も「こんな些細な事でどうしてこんな事を思うのだろうか?弱い人間だからだろうか…?」

と思った事もありました。

しかし上記の言葉のように「どんな理由でも命に換わる程思い絶望になる」

他人からすれば「些細な事で」と思うかもしれませんが、当の本人からすれば命に値するような絶望になる事もあります。

くろせる
くろせる
いい言葉だ、とっても

完璧な主人公じゃないのが良い

「倫理の先生が次々と悩みを持つ生徒を解決していく話!」

という訳では、まったくないです。

時には解決しきれない問題もありますし、

画像のように先生自身もどうすればよかったのかを、考え、苦悩するシーンがあります。

「倫理」がテーマである以上、どうしても解決できない事もあります。

いかに先生が生徒の問題解決に尽力したとしても、結局は本人次第になってしまう。

「100%正解の答え」が提示されるマンガではないのです。

くろせる
くろせる
先生は普段めちゃくちゃドライでイケメンなんだよ

「普通の人間」に悩んだ話がオススメ

俺は先生に嫌われる事も好かれる事もない

認識もされない大勢いる普通の生徒のうちの1人

俺は世の中にあふれ返ってる

たくさんの 普通の人間のうちの ひとり

※「ここは今から倫理です。2巻」 「♯8普通の人間」より

個人的にこの話は「凄い面白い話」ではないです。

ないのですが、個人的に気に入っている話でもあります。

私もこの話の主人公と同じような事を考える事が多かったので、すごく共感の出来る話になっています。

この話で生徒に話す内容は、当時こういう事に悩んでいた自分に読んで欲しかった。

「自分にはなんにもない」と思っている人程、読んで欲しい話です。

くろせる
くろせる
他にもSNSの話とかもよかったな

他の話も全部面白いのでオススメ!

「面白い」という言葉を、このマンガに安易に使って良いのか少し悩みました(笑)

ですが、やはり「面白い!」というオススメの仕方をしようと思います。

面白いからこそ、私は最後まで読みました。

現在全部で4巻まで出ており、そこで一旦の区切りがついているので、その点でもオススメ度は高いです。

個人的に無駄に話が間延びするのは好きではないので。

という事で「今、迷っている事がある」という人にオススメの1冊ですね。

上記の話以外にも面白い話はあるので、是非とも読んでみる事をオススメします。

電子書籍版と通常書籍版の両方で出版されているのですが、Amazonなら試し読みが可能です。

まずはAmazonで試し読みするのも手ですね!

くろせる
くろせる
私は電子書籍版で全部買って、その日にウチに読み終わり、次の日は寝不足になりました(自業自得)
ABOUT ME
くろせる
くろせる
どうもくろせるです、この記事を書いた人です。というよりもこのサイトは個人運営サイトなので、私しか記事を書く人はいませんが。 役に立つ情報からどうでもいい情報まで、色々お届出来たらと思います。