ゲーム記事

映画モンスターハンターの感想ネタバレ モンハン好き程見ない方が良い作品

どうも、くろせるです(。・ω・)ノ

モンスターハンターライズ発売と同時に公開されたけど、なんやかんや話題になっていない「実写映画・モンスターハンター」知ってますか?

モンハンは初代からプレイしている身で、過去シリーズもかなりやり込んでいるので結構楽しみにして見に行きました。

という訳でその映画モンハンの感想です。

※ネタバレガッツリと超辛口の記事になるのでご容赦ください。

結論・こやし玉の方がマシ

こやし玉要素7つ
  1. 映画全体が強引すぎる
  2. 序盤が完全にホラー映画
  3. 無駄で意味不明な格闘シーン
  4. ガチ初心者の鬼人化
  5. ワールド登場キャラクター達の不遇っぷり
  6. 強弱わからん上に使役されてるリオレウス
  7. こやし玉以下の終わり方

結果から言えば「映画モンスターハンター」を見るぐらいなら、現在発売中のモンスターハンターライズで遊ぶ時間に当てた方がいいです。

あと映画館でお金を払ってみるぐらいなら、そのお金は今やってるスマホアプリにでも課金した方がいい。

お金と時間を奪って「???」という感想だけくれるのが、この「映画モンスターハンター」だ!

で、具体的にどこがどう悪かったのか、7つに絞って解説していくことにします。

1.映画全体が強引すぎる

この映画の恐ろしい所は「会話」可能な人間が限られているという点。

序盤の主人公アルテミス率いる軍人部隊は当然会話可能ですが、序盤で全員死にます。

次に現地のハンターが仲間になるのですが、コイツはハンターではなく完全に “未開の地に住む原住民” と化しているので会話不能(意思の疎通はギリギリできる)

で、他にも受付嬢とか陽気な推薦組らしき人物とか、色々出てくるのですが彼らは全員「モンハン語」で喋っているので会話出来ません。

大団長だけ会話可能ですが、これもこれで色々と問題あるっちゃあるんですけど…。

とにかく大団長が出てくる終盤付近まで、「何が、どうなって、どうしたいのか」等の説明は一切ありません。

じゃあどうやって話が進んで行くのか?

全て主人公のフィーリングと適当な主人公補正で話が進みます。

くろせる
くろせる
一方的な発言と主人公の解釈のみで話が進むのが辛い

2.序盤のホラー映画いる?

序盤は主人公の部隊がモンハンの世界に飛ばされ、砂漠で黒ディアに追いかけられて岩地に逃げ込むんですよ。

で、そこに居るのが「ネルスキュラ」なんですよね。しかも尋常じゃない数の。

そのネルスキュラの大群に襲われるというシーンが、クッッッソ長い。居る?このホラーシーン?別にホラー映画見に来た訳じゃないんだが???

そこから1時間無いぐらいですが「ネルスキュラの生態(ガチ)」を見せられます。

  • 人間を糸でぐるぐる巻きにし巣に持ち帰り保存食にする
  • 人間の体に卵を産み付けて孵化させる
  • ネルスキュラの巣の内部構造を徹底描写

「これモンハンの映画でやる必要ある?」って思う。

いやネルスキュラの生態を考えれば、確かにこれはあり得る設定なんだけど、それをやるか???

もっと他に出すべき、出せるべきモンスターが居たと思うんだけど…。

くろせる
くろせる
ネルスキュラ出すぐらいならフルフル出せや

3.無駄な格闘シーン

わかってたよ、だって出演俳優に「トニー・ジャー」が居るんだもん。絶対格闘シーン来るとは思ってた(映画マッハとか出てた人、トニー・ジャーの格闘は好き)

俺も格闘シーンは好きですけど、「その格闘シーンいる???」って視聴者に思わせるのはどうかと思う。

トニー・ジャーの演じる「ハンター」の行動がとにかく意味不明。

  • ディアブロスの接近を知らせ、主人公達を助けようとする
  • その後生き延びた主人公を殺害しようとする

何故か最初は助けようとするのですが、その後はいきなり殺そうとします。

ここから凄まじい格闘シーンが始まります、格闘シーン自体は見ごたえがあるのですが、そこへ至る経緯が「???」なので訳がわからなくてですね…。

ハンターは主人公をボコボコにする訳ですが結局殺さず、今度は捕虜みたいな扱いを始めます。

その後も2人は格闘戦を続ける訳ですが、最終的にはネルスキュラの巣に落ちそうになったハンターを主人公が助ける事で和解。

なんなんですかね?

くろせる
くろせる
もう書いてて疲れて来た

4.ガチ初心者の鬼人化

映画PVでも何度か流れていた「ミラジョボビッチが鬼人化し、双剣を振るう!」というシーン。

強敵であるリオレウスか、はたまたディアブロスに使うのか!?と思っていたのですが…

アプケロスに使ってました

突進してくるアプケロスの群れを炎を纏った鬼人化で追い払う!というシーンです。

え、他に魅せ方あったと思うんだけど…

せっかくレウス、ディアブロっていう強敵がいるんだしさ。

まぁ一応レウス戦で使ってたような感じがしたけど…

くろせる
くろせる
お遊戯かな?

5.ワールド登場キャラクター達の不遇っぷり

個人的に嫌だったのがワールド登場キャラ達の不遇。

受付嬢が檻に入れられた主人公の事を、まるで新種のモンスターでも見るようにずっと観察しているのは「なんか違くね?」って思いました。

ワールドの受付嬢ってモンスターに並々ならぬ興味があると同時に、困っている人は助ける!って感じだったので、これは個人的ですが解釈違いを感じました

最終決戦では武器も持たずに望遠鏡いじってるだけで「何しに来たの?」って感じ。

陽気な推薦組とそのパートナーとかも出ていたのですが、特に活躍らしい活躍も無し。

終始ただのコスプレ撮影みたいな感じでした。これならいっそ出さない方が良かったのでは?

くろせる
くろせる
「とりあえず知ってるキャラ出しとけば喜ぶやろwww」みたいなノリやめて

6.強弱訳わからん可哀想なリオレウス

大空の王者リオレウスですが、話の流れからすると古代文明人に使役されています(え

あと強さが物凄ーく適当です。

現代兵器の猛攻撃では傷1つ付かないリオレウスですが、主人公の片手剣で翼が綺麗に引き裂かれてしまいます。

例えば「同じ世界の武器でしか傷を付けられない」という設定があるならば、こういうシーンも納得出来るのですが特にありません。

大団長の話も「リオレウスを狩るのは不可能」としておきながらも、ゴアマガラ出現時には「とりあえずコイツを狩ろう」みたいな。

もはやここまで来ると「ノリで動く映画なんだな」って気がしてきて、どうでもよくなってきました。

くろせる
くろせる
最後の方は「CG凄いなー」で見てました

7.こやし玉以下の終わり方

最後は特に伏線回収もせず「続く!」みたいな終わり方しました。なんじゃそりゃ。

と言うか、終わり際に謎の人物が登場して余計に謎が増えるという。

酷すぎる終わり方で草も生えません。

くろせる
くろせる
続編作る気満々で草

総評.ライズ買った方がいい

映画見に行く時間とお金があるなら新作のモンハン「モンスターハンターライズ」買った方が百倍いいです。

映画は「クソ映画って言われてたし、怖い物見たさで見るか!」ぐらいの気持ちでいけば楽しめるかもしれません。

一応モンスターのCGは良い出来だったので、そこは迷う事なく評価できます。

CGの勉強しているとか、そういう人は観ても良いかも。

個人的には「モンハンという名前だけを掲げたクソ映画」という感想です。

モンハンが好きな人程ダメージを受けるタイプの映画なので注意しましょう(笑)

ABOUT ME
くろせる
どうもくろせるです、この記事を書いた人です。というよりもこのサイトは個人運営サイトなので、私しか記事を書く人はいませんが。 役に立つ情報からどうでもいい情報まで、色々お届出来たらと思います。