くろせるの商品レビュー

【Audio Technica ヘッドホンハンガー AT-HPH300レビュー】ヘッドホンの置き場所を快適にしたいなら1つあると超便利!

どうも、くろせるです(。・ω・)ノ

今回「ヘッドハンガー」なるやつを買ってみました。

もともとヘッドホンを片付けられるアイテムが欲しかったのですが、

ヘッドハンガーならスペースも有効活用できそうだったので「おっこれ良くないか?」って感じで買っちゃいました。

という事でレビューと使用感について

ヘッドハンガーAT-HPH300まとめ

ヘッドホンハンガーのまとめ
  • 外見はおしゃれでカッコイイ
  • ヘッドホンを引っ掛ける部分は360度回転で扱いやすい
  • さらにレザークッションなのでヘッドホンを傷めずらい
  • 取り付け、取りはずし、どちらも簡単
  • デスク下のデッドスペースを有効活用できる
  • 値段さえ気にならなければ個人的にオススメ

ざざっとこんな感じ。

唯一気になる点があるとすれば「値段だ」って感じ。

逆に言えば値段さえ気にならなければ、かなりいい製品なのでオススメ!

くろせる
くろせる
デッドスペースの有効活用は大変よろしい!

おしゃれな外見

黒ベースのおしゃれな外見となっています。

オーテクのロゴが2カ所に描かれており、その部分も非常にカッコイイ!

見た目は個人的に抜群に良き良き大満足。

くろせる
くろせる
カッコイイって大事だと思うんだ!

ヘッドホンを掛ける部分は360度回転&レザーで柔らかい

ヘッドホンを引っ掛ける下部分ですが、こちらは360度グルグル回転可能な構造に。

これ非常に便利です。いやマジで本当に

もし「回転しない」場合だとデスクの内側にしまう事が出来ませんが、

回転出来るので「デスクの内側にしまえる」というのは個人的にめちゃくちゃデカイ!

ほどよい硬さなので、勝手にクルクル回ってしまうという事もなく、硬すぎて回しづらいという事もない絶妙な感じ。

くろせる
くろせる
回転出来なかったら多分使わなかったぞ!それぐらい便利!

ヘッドホンを引っ掛ける部分はレザークッションになっているので、ヘッドホンを痛める事はありません。

程よいプニプニ感です。柔らかすぎず硬すぎずのプニプニ感。

少なくともヘッドホンを引っ掛けて、ヘッドホンに傷をつけるという事はなさそう。

くろせる
くろせる
プニプニ感良すぎて噛みつきたくなるし、プニプニ触りすぎてぶっ壊しそう(※個人差があります)

引っ掛ける場所に応じて高さを変えられる

後ろには高さを変えられる部分があり、これを利用する事で3段階まで高さを変える事が可能です。

取り付けるデスクの大きさに合わせて高さを変えられるのは便利。

商品説明には「最大35mm」となっていましたが、一応自分でも測ってみました。

一番大きく広げて4センチありますが、ネジを締める事を考えると、やはり説明通り3.5センチぐらいが限度でしょうね。

とは言え、そこまで分厚い机はそこまで無いとは思いますが、一応ハンガーを使う予定の場所は大きさ測っといた方がいいかも。

取り付ける時はネジ部分を回して、ガッチリ固定できます。

グラグラしたりもしないので、キチンと止められます。

実際に取り付けた際の画像

これ実際に私が使っている時の画像です。

デスクの上は物が散らかって汚いのでモザイク!

で、使用感ですがこんな感じで一度手前に引き出してから…

クルっと回してデスクの内側にしまう事が出来ます!

取り出す時も簡単で、クルっと手前に回して取り出すだけ!

デスク下側のデッドスペースを有効活用出来るので非常に便利です。

ヘッドホンスタンドと違い、場所の有効活用が出来るのはヘッドホンハンガーならではかと。

あとは「邪魔にならない」というのが良いですね。

先ほども言いましたが360度回転出来るので、邪魔にならないようにデスクの内側にしまえるのはマジで助かる!

ちなみに「耐荷重約1キロ」となっているので、あまり重いものを載せる事は出来ません。

「ヘッドホンを引っ掛ける」という用途であれば、何の問題もないですね。

くろせる
くろせる
1キロもするヘッドホンなんて無いと思うけど

AT-HPH300まとめ

「収納するだけの製品を買うのは微妙…」と思う人もいるかもしれませんが、自分的には大変満足です。

個人的にオーテクの製品が好きな事と、信頼度が高いので買いましたし、デスク下のデッドスペースを有効活用出来るのはとても良い。

取り付け、取り外しも簡単なので、場所を簡単に変えられるのもめっちゃいいです!

デスク下のデッドスペースを活用したい人は是非!

くろせる
くろせる
デスク周り綺麗になるかも
ABOUT ME
くろせる
くろせる
どうもくろせるです、この記事を書いた人です。というよりもこのサイトは個人運営サイトなので、私しか記事を書く人はいませんが。 役に立つ情報からどうでもいい情報まで、色々お届出来たらと思います。