Apex Legends

【Apex Legends】ソロモードで勝つために使いたいキャラや知っておきたい事とは?

どうもくろせるです(。・ω・)ノ

とうとう実装されたソロモード!!

チームを気にする事なく気兼ねなく遊べるので、最高に楽しい!!

楽しいですが、勝てる確率はチーム戦の時よりもさらに厳しくなり60人中たった1人だけ!

チームにはチームの、ソロにはソロの勝ち方や知らなければならない事があります。

サクっと勝利してきたので、現在のプレイヤーの傾向から考えて知っておくべき事を伝授します!

くろせる
くろせる
いつものとは違った立ち回りや考え方が必要だったね

パスが強い&パスへの対処を考えておく

現状パスファインダーの使用率が半端ではないです

とにかくパスファインダーが多い!どこもかしこもパスファインダーばっかり!

それもそのはずパスファインダーのグラップリングやジップラインを用いれば、他のキャラクターでは絶対に行けないような高所に移動可能なので、場合によっては一方的に撃たれます。

さらに移動速度もめちゃくちゃ早いので、安置から離れていたとしても何とかなります。

勝ちたいならパスファインダーは割とオススメ。

逆に敵のパスはかなり多いので、アサルトライフルでいいので1つは持っておきたい。あとグレネードとかも1スロットで良いのであると便利。

例え高所に行けずとも高所への攻撃手段を用いて、高所から引きずり下ろしましょう。

くろせる
くろせる
本当にパスファインダーが多いから自分でパス使うならともかく、使わないなら高所にいるパスへの対抗策を持っておくべき

移動速度の速いキャラを使うと選択肢が増える!

試合開始時点で最初の安置が示されているので、基本的に安置付近に降りるのがいいでしょう。

しかし!移動速度の速いキャラを使えば、多少遠かったとしても安置まで辿り着く事ができます!

そのためちょっと遠めの、敵がいないような場所で安心安全にアイテムを漁る事が出来る…という利点がありますね。

移動速度が速いのは

  • パスファインダー
  • オクタン
  • ブラッドハウンド(ULT使用時)
  • レイス(ULT使用時)

この4人ですが、基本パスとオクタンならかなり離れた場所に降りたとしても何とかなります。

ブラッドハウンドとレイスはオマケぐらい。

くろせる
くろせる
検問してくるプレイヤーめちゃくちゃ多いからリングギリギリ付近はマジでやばい

凄まじい数の漁夫に注意する事!

漁夫の利とは、当事者同士が争っているうちに、第三者が何の苦労もなく利益をさらうことのたとえ。

多いです、ギョフリー。

とにかく戦闘終了を見計らって襲い掛かってくるプレイヤーが多いので、戦闘が長引けば長引く程漁夫がいる可能性が高くなります。

場合によっては深い追いせず、逃げる事も必要です。漁夫は1人とは限りませんから

漁夫が狙える場面では狙え!

さて同時に、漁夫を狙える時は積極的に狙いましょうw

当然ですが勝つための手段の1つですので、狙える場面があるならば狙いましょう!

ただし!先ほども言いましたが漁夫に来ているのが“自分1人とは限らない”ので、漁夫る場合も注意は怠らないように!

くろせる
くろせる
漁夫地獄

音を聴くことが絶対必須!

ソロモードは個人戦なので、本来のモードでは見かけない超ド級の芋が存在します!

その現場はもはやホラー。家の中、岩の隙間、何処かにジッと息をひそめて獲物が来るのを待つプレイヤーもいます。

そのため“音を聴く”という行為は絶対必須!

ヘッドホンなどをキチンと装着して、相手の足音や物音を聞き逃さないようにしましょう。

これだけで奇襲を防ぐ事も出来ますし、場合によってはこちらが奇襲してやることも。

当然ですが自分で芋る場合も相手の位置をキチンと把握しておくために、音を聞き逃さないようにしておきましょう。

くろせる
くろせる
ガン籠りが多いから音が聞こえないだけで圧倒的不利になるね

最悪戦わなくても良い

ソロモードではレアアイテムが多く落ちている傾向があります。

なので無理して戦闘して相手の装備やアイテムを奪う、という事をせずともアイテムを上手く探す事で割と良い装備を整える事が出来るでしょう。

最悪最後まで戦わなくても行けるかも?

ソロモードでチャンピオンを目指そう!

チームも良いですが1人で勝てれば、それは自分自身の実力になりますからね!

期間限定ですが恒常化してほしいですね~

頑張って勝利を掴み取りましょう!

くろせる
くろせる
ソロチャンピオン気持ちいいぞ!!
ABOUT ME
くろせる
くろせる
どうもくろせるです、この記事を書いた人です。というよりもこのサイトは個人運営サイトなので、私しか記事を書く人はいませんが。 役に立つ情報からどうでもいい情報まで、色々お届出来たらと思います。