Apex Legends

【Apex Legends】初心者がチャンピオンを取るために必要な10個のコツ!

どうもくろせるです(‘ω’)

エーペックス、チャンピオン取れていますか?

「なかなかチャンピオンになれない」という人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はチャンピオンに近づけるコツを10点程紹介していこうと思います。

これを読めば今日からチャンピオンに近づけますよ。

1・降下地点は名無しの場所がオススメ

名前がある場所は人がよく降りる傾向があります。

「スカルタウン」「スラムレイク」「マーケット」などなど

逆に“名前のない場所”に降りるプレイヤーは少ないので、ゲーム開幕の「武器が無くてやられた」という状況を防ぐ事ができます。

もちろん人の気配がないなら、名前のある場所に降りてもいいですね。

準備を整えたらアイテム争奪で、てんやわんやしているプレイヤー達を倒して彼らが拾ったアイテムを奪いましょう。

ちなみに「ホットゾーン」と呼ばれる場所は、大量にプレイヤーが降りるので確保出来る物資が少なくなりがちなのでオススメしません。

2・移動するときは位置を提示する

どこかに移動するときは、マップにピンを指して味方に教えましょう。

近い場所ならいいですが、ある程度離れた場所に行くのなら必ず教える事が大事です。

このエーペックスにおいて単独行動は“死”を意味します

勝手に行動した味方がいつの間にかやられている…という事が度々あるのですが、こういう人達は黙って移動している場合が多いです。

一言声を掛ければついて来てくれる味方もいますし、仮に直ぐには付いて来れなかったとしても場所を把握してくれるので、何かあれば直ぐに駆けつける事ができます。

必ず味方に連絡し団体行動を心がけましょう。

3・団体行動を心がける

エーペックスは“団体行動”が非常に大事です。

単独で行動している場合は、索敵能力も1人分、戦闘力も1人分です。

しかし3人で固まって動いているなら、索敵能力は3倍、戦闘力も3倍になります。

このゲームをやっていて私が強いと思うのは「1人の腕の立つプレイヤー」よりも「団体行動をしているパーティー」です。

彼らに発砲しようものなら、即座に相手チーム全員が臨戦態勢に入ります。

1人で行動していると撃たれやすいですが、3人で行動していると撃たれにくいというメリットもあります。

「3人が固まって行動している」というのは、非常に大きなプレッシャーを相手に与える事が出来ます。

4・多数対1の状況を心がける

エーペックスはある程度体力に余裕があり、1対1の状態では中々決着が付かない場合もあります。

ですが、多数対1の状況では話が変わります。

2対1や3対1で、一気に攻撃を仕掛ける事で相手プレイヤーを瞬殺する事が出来ます。

そうした攻撃を可能にするのが、先ほども述べた“団体行動”です。

固まって動く事で突然交戦したとしても、仲間のプレイヤー達と力を合わせて敵を叩く事ができます。

上記の画像は味方バンガロールが突如攻撃を受け、交戦状態になったのですが、すぐ傍に私がおり、私の後ろには仲間のオクタンがいる状態だったのであっという間に撃破する事ができました。

どんなに腕の立つプレイヤーでも、3人を同時に相手にするのは至難の業。

多数対1の状況を作り上げ、1人1人仕留めていけばどんどん有利になっていきます。

逆のパターンにならないように注意

当然ですが単独行動をすれば、上記画像の相手プレイヤーのような状態になりかねません。

やられない為にも団体行動を心がけましょう。

5・自分が使うキャラクターのアビリティを理解する

各キャラクター毎にアビリティがありますが、その能力を活かせなければ意味がありません。

扱うキャラクターのアビリティは覚えておき、いざという場面で有効活用できるようにしておきましょう。

6・デスボックスの位置を教えてあげる

デスボックスには倒されたプレイヤーが所持していたアイテムが詰まっています。

貴重なものをため込んでいる事が多いので、必ず仲間と分け合うようにしましょう。

しかし「デスボックスどこにあるの?」という場合もあり、リングの範囲が迫っていたりすると「ヤバイ!もういいや!」となり、貴重なアイテムをみすみす見逃す事になりかねません。

パーティー全体の戦力強化のためにも、発見したデスボックスは教えて上げましょう。

明らかに目に付くような場所にあるものはいいですが、なんか気づかなそうな場所にあるな、という時は教えてあげるといいですね。

7・アイテムを見かけたら仲間に教えてあげる

強力なアイテムを見かけても「自分は使わないからいいや」という場合もあるでしょう。

そんな時でもキチンと仲間に教えてあげましょう。

貴方にとっては必要のないアイテムでも、仲間の人からしたら「欲しかった!」という事もあるでしょう。

そういう場合もあるので、なるべく教えて上げるのがベストです。

キチンとアイテムの所在を教えていると、仲間のプレイヤーも教えてくれるようになります。

パーティー全体で必要なアイテムを探し合う事で、全員の戦力強化につながります。

自分から「これが欲しい」とシグナルを出してもいいでしょう。

8・高所のような有利ポジションを確保する

戦闘する場合にも「有利なポジション」「不利なポジション」が存在します。

持っている武器によって変わる場合もありますが、基本的に“高い場所を取る”のが最も有利なポジションになります。

奇襲を掛けやすく、攻撃を受けた相手プレイヤーは身を隠すにしても、自身を覆える程の遮蔽物が必要になってきます(建物内部とか)

対して高所にいれば撃たれたとしても、少し後ろに下がれば良いだけなので精神的にも有利。

下のプレイヤー達がダウンした場合、上にいるプレイヤーは飛び降りるだけで距離を詰める事ができます。

しかし、上にいるプレイヤーがダウンした場合、下にいるプレイヤー達は距離を詰めるためにそこまで登って行かなければなりません。

攻撃にも防御にも有利なポジションなので、なるべく高所を取る事を心がけましょう。

9・仲間のシグナルを見逃さない

戦闘が開始すると神経が一気に戦闘モードになりますね。

“余裕がなくなる”という人が多いと思いますが、そんな時こそ見逃してはならないのが“仲間のシグナル”です。

上記画像の場合、他の2人のプレイヤーは既に戦闘から離脱していますが、私だけがそれに気づかず取り残された状態。

そこで「撤退しよう!」という合図を私に送ってくれているのです。

この時、高所を相手パーティーに取られていたため、このシグナルに気づいて離脱していなかったら多数対1の状況に追い込まれ、私もやられていたでしょう。この時の仲間の方には本当に感謝しています。

戦闘中のシグナルは危険を教えてくれたり、有利なポジションを教えてくれたりと、助けてくれる事が多いので見逃さない、聞き逃さないのが大事です。

戦闘に夢中になり、仲間のシグナルを無視して敵のど真ん中に突っ込んでダウンする…というのはなるべく避けるようにしましょう。

もちろん仲間に危険が迫っているならば、自分もシグナルを発信する事が大事です。

10・感謝を忘れない事

チャンピオンになれるのは1人だけの力ではありません。

独りよがりの戦いをしても勝てる確率は少ないです。

助けて貰ったら感謝しましょう、アイテムを譲ってくれたら「ありがとう」と言いましょう。

そういう事の積み重ねが、例え見知らぬプレイヤー達だったとしても“チームワーク”に繋がります。

仲間のプレイヤーと力を合わせて、チャンピオンを目指しましょう!

ABOUT ME
くろせる
くろせる
どうもくろせるです、この記事を書いた人です。というよりもこのサイトは個人運営サイトなので、私しか記事を書く人はいませんが。 役に立つ情報からどうでもいい情報まで、色々お届出来たらと思います。