Apex Legends

【Apex Legends】シーズン6の環境について 紙体力のエーペックスってどうよ?

どうも、くろせるです(。・ω・)ノ

シーズン6がついに始まりました!

新レジェンドに新武器、マップには新しい場所が追加されたりと、大きく様変わりしました。

個人的に気になった部分があったので、それらについて。

ボディーシールドの脆弱化と武器の強化

最後の大きな違いはアーマーの耐久値です。全てのアーマー耐久値は25低下します。つまり、紫とゴールドのアーマーを持つプレイヤーの耐久値は200ではなく175へ、同様に赤のアーマーは225ではなく200の耐久値へ減少します。

このように、TTK(キルタイム)が短くなるよう調整することで、戦略的な位置取りが重要になり、ポジショニングの優位性がプレイヤーの結果に反映されることを目的としています。

※https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends/news/season-6-patch-notes

他の仕様変更については前シーズンと特に変わらないと感じましたが、これだけは首を捻っています。

簡単に言えば「全プレイヤーが柔らかくなった」という事。

ボディーシールドが脆弱になり、さらに強力な新武器ボルト、ディヴォーションの復活など。

確かに運営の言う通り「TTK」を意識した仕様になっているのは理解できます。

しかしこの変更のおかげで

  • ほぼ全てのプレイヤーがボルト持ち
  • 強武器と化したヘムロックも蔓延
  • 武器毎の差が大きすぎる
  • 撃てばすぐ溶けるので戦略もクソもない

まずボルトですが、現状完全に「人権武器」と化しています。

近距離瞬殺、中距離戦闘可能、扱いやすく誰でも使える超強武器。

まさしく「ボルト環境」

さらに現時点ではまだ気づいていない人も多いですが「ヘムロック」も問題児。

凄まじい強化を施されており、中距離であれば瞬殺可能な恐るべき武器になっています。

プロゲーマーも「中距離はヘムロック持てばOK」という話をしていたので

今後は「ボルト&ヘムロック」が蔓延する可能性が高いでしょう。

くろせる
くろせる
実際敵のデスボックスの多くが「ボルト&ヘムロック」になってる

これではCoDやBFと変わらない

体力が低い撃ち合いであれば「CoD」や「BF」と何ら変わりはありません。

今までのエーペックスには遮蔽物に隠れて回復したり、アビリティを駆使して状況を改善したりと、色々な戦略がありました。

しかし今環境は「紙体力で高攻撃力武器」があるので、隠れる前に、アビリティを活かす前に死にます。

敵を倒す時も瞬殺ですが、倒される時も瞬殺です。ぶっちゃけ虚無感が半端ない。

くろせる
くろせる
エイムでゴリ押せるし、ゴリ押される

シーズン6は難しいかも

今まではアビリティを駆使したり、味方と協力して敵を倒せたかもしれません。

しかし、これだけ紙体力にされると結局「エイムが上手い人間がゴリ押し出来る環境」になるでしょう。

初心者バイバイが加速しそう。

個人的に今環境で遊ぶのはうーむ、悩みどころか。

くろせる
くろせる
個人的にはね!楽しいと思う人はとことん楽しむべきだぞ!
ABOUT ME
くろせる
くろせる
どうもくろせるです、この記事を書いた人です。というよりもこのサイトは個人運営サイトなので、私しか記事を書く人はいませんが。 役に立つ情報からどうでもいい情報まで、色々お届出来たらと思います。