Apex Legends

【Apex Legends】ミラージュの立ち回りや使い方!上手くデコイを使って相手プレイヤーを騙すのだ!

どうもくろせるです(。・ω・)ノ

ミラージュはデコイを使用し相手を攪乱させるトリッキーなキャラクターで、私は結構好きなんですが、なかなか扱いが難しいですね。

相手を惑わす、攪乱させるといった事に長けたキャラクターなので、慣れてくると非常に面白い!

ではアビリティの詳細と立ち回りなどを解説していきます。

パッシブ:アンコール!

ノックダウン状態になると、自動的にデコイとクロークを発動する。効果は5秒間。

ミラージュがダウンさせられた際に、苦しむモーションをするデコイが出現し、自分は透明の状態でダウンしてます(笑)

とても強いとは言い難い上に、ダウンした際にしか発動しないという何とも後ろ向きなパッシブ。

一応敵プレイヤーの目から逃れやすくなるので、キルされる前に相手の視界外に逃げ出すようにしましょう。

ただしノックダウンシールドは透明にはならないので、クローク状態の時は無理にノックダウンシールドを使わないようにしましょう。

戦術:サイクアウト

ホログラフのデコイを発生させて、敵を混乱させる

自分と同じ装備、同じ状態のデコイを発生させるアビリティ。

面白い事に足音も鳴りますし、ブラッドハウンドの索敵にも映ります。

デコイを撃ったプレイヤーは、仲間のプレイヤー全てに撃った位置が表示されるため、どこから撃ってきたのかがすぐに判明します。

クールタイムが15秒と非常に短いので、ガンガン使って行きましょう。

デコイはミラージュと同じ行動をとる

デコイはミラージュが走っていれば走ります。

ミラージュがしゃがんでいればしゃがみますし、スライディングすればスライディングします。

デコイを出す瞬間のミラージュと同じ動きのデコイが出現します。

この特徴を活かし、その時の局面に合わせたデコイを出現させましょう。

アルティメット:ファントム

デコイ集団を展開して敵の注意をひき、自身はクロークで身を隠す。

多数のデコイを円形状に出現させ、自身は5秒間クローク状態で移動できるようになります。

デコイたちは棒立ちしたままその場から動かないため、デコイを囮として使うのはちょっと難しい。

このアルティメットで肝心なのは “ミラージュがクローク状態(透明)で動ける” という事!

相手プレイヤーから距離を取りたい、逃げたいと思った時は迷わず使用しましょう。

大量のデコイが出現すると同時にミラージュの姿が見えなくなるので、相手が戸惑っている間に安全な場所まで移動しましょう。

さらにこのクローク中のミラージュは “足が若干早くなる” という特徴があります。

この特徴を活かして相手の背後を取り、奇襲をかけるという手段を取る事も出来ます。

使い方次第では逃げのアルティメットにもなりますし、攻めのアルティメットにもなるでしょう。

ファントムの弱点

確かにミラージュのアルティメットは姿を完全に消せます。

しかし、いくら見えないからといって 水辺などを走った際の水しぶき、砂地を走った際の砂ぼこりまで消える訳ではありませんので 移動する場所にも注意しないと発見されやすくなります。

ミラージュの立ち回り

基本的には戦術アビリティである「サイクアウト」をメインに使って行きましょう。

このアビリティ1つで索敵から攪乱まで、様々な事が可能です。

相手プレイヤーを騙し、一瞬の隙をついてダウンさせるのがミラージュの戦い方。

「相手プレイヤーをどれだけ上手く騙せるか?」これがミラージュに必要な立ち回りでしょう。

上手いプレイヤー程騙されにくくなるので、そういったプレイヤーを騙せるようにデコイの動きを上手くコントロールできるようにしましょう。

ミラージュは中級者~上級者向け!

ミラージュはパッシブの「アンコール!」により、若干ですが他のキャラクターよりもキルをされずらい傾向にあります。

そして「サイクアウト」のデコイを出現させる効果も、とりあえず使っておけば良いというような効果なので無駄になる場面が少ないですね。

アルティメットは使いどころにもよりますが、初めのうちは生き残るために使うといいでしょう。

中級者以上の人であれば、デコイの使い方を変えたり、アルティメットを攻撃に使ったりと、さらに色々な戦法を取る事が出来るでしょう。

ただし、レイスのように無敵になれたりライフラインのように回復が出来たりするわけではないので、基礎的な立ち回りが絶対的に必要になるでしょう。

ABOUT ME
くろせる
くろせる
どうもくろせるです、この記事を書いた人です。というよりもこのサイトは個人運営サイトなので、私しか記事を書く人はいませんが。 役に立つ情報からどうでもいい情報まで、色々お届出来たらと思います。